ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2010.09.10 Friday

型紙のはなし

ボタンをつくる、いのちの型紙



これがないと、穴位置が決まりません。
目分量でつくることはなく、必ず型紙を使います。

アナログで線を引いたものもあるし、パソコンでつくることもあります。

ボタンだけじゃなく、ストラップやケースにも全部型紙があって、どんどん増え
続けています。

作業の始まりは、型紙探しから・・・



2010.03.21 Sunday

先端の仕事

最近つくるのにハマっている「溝彫りボタン」





これをつくるのに使う3種の道具



左から、「ドットペン」「ヘリ落とし」「1.5mm の丸刀」

ヘリ落としと丸刀は、作業の効率化を図って最近新たに加わった道具。
探したわけではなく、出会ったので購入。

今までは、三角刀で力を加減しながら溝を彫っていましたが、この丸刀を
使えば溝彫りがスムーズに!

ヘリ落としは、昔一度使ったけれど、しっくりこなくて封印・・・
原因は革との相性だったらしく、改めて導入。
ボタンの縁を削るのに使います。

ドットペンは、彫った溝をグリグリするのに使います。
この作業、一番すき・・・。



これが、いい仕事をしてくれる道具の先端。

この、先っちょひとつの違いで色んな働きをするんだから、道具ってすごい。
これから、どんどん使ってあげたい。

しばらくは、溝彫りボタンをつくり続けます。
2009.06.25 Thursday

秘密道具・・・木の取っ手

saji の革ボタンには、たまに内側に反ったものがあります。
お皿のような感じをイメージしたボタンです。



くり抜いた革に丸みをつけるのに使うのがコレ!!



木製の引出しの取っ手です。

革に丸みを持たせる時、まず水分で革をやわらかくしてから、この取っ手に
ギュウギュウ押しつけて成形します。

乾くと不思議!そのまま固くなります。

「何かいい道具はないかな〜」とブラブラしていた時にこの取っ手を発見!
ベニヤのパネルに取り付け、以来ずいぶん役に立っています。

何だか全然関係ないものでも、ものづくりに使えることってけっこうあります。

そういう小さな発見も、楽しみのひとつだったりします。
2009.03.25 Wednesday

新★秘密道具

新しいサイズの金型を職人さんに注文してつくっていただきました!!



45mmの金型。

今まで、34mm以上のボタンは全て手で切り出していましたが、今回この
金型をつくっていただいたので、作業がグッとスムーズになります。

この45mmの金型を使って、今までよりも大きなボタンを沢山つくりたい
と思います!!
2009.01.06 Tuesday

秘密道具・・・金型編

ボタンをつくる時に重要なのが「ボタン穴」・・・。
saji ボタンには、2穴のものと4穴のものがあります。
4穴ボタンをつくる時、どんなにキレイに磨けても穴開けで失敗すると
そこでアウト!!

そんな私の秘密道具がコレです ↓↓↓



浅草の盪垣什扈蠅砲願いして作っていただいた4穴ボタンの金型。
何度も通い、ワガママを沢山聞いていただきました。

この金型のおかげで、以前は1個1個手作業で印し付け → 穴開けして
いたものが、一度に4穴を開けられるようになりました。

saji は全て手仕事ですが、その中には職人さんの手仕事も含まれて
います。
Powered by
30days Album