ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2009.08.03 Monday

革を仕入れに行きました!!

新色と新素材の革を仕入れたのでご紹介★


キレイな緑色の羊革
名刺入れetc. の小物をつくろうかと・・・


こちらも、キレイなピンク色の羊革
ちょっと厚めでやわらかいので、袋物でも・・・

そして今日のメイン!!

モコモコ羊毛付きの革
秋冬に向けて、このモコモコ革でボタンをつくります!

新しい素材を仕入れると、ウズウズします。
前に仕入れた革で、まだ手つかずのモノもあったりするので、結局いつも
ウズウズしています。

新作に乞うご期待★

2009.06.20 Saturday

VINTAGE BEADS 3



プラスチック製のお花型VINTAGEビーズ。
形と色が、とても素敵!



このビーズは、saji とこさじのタグに使う予定。
タグから外して再利用してもらえたら、うれしいです!!
2009.06.16 Tuesday

AVRILの糸

吉祥寺・中道通り商店街添いにある、AVRILで量り売りしている糸を購入。



1gから量り売りしていて、ちゃんと糸巻きに巻いてくれます。
並べておくだけでもかわいいけれど、この糸を使って新作制作計画中。

saji は、編み物が出来ません・・・。
やり方の決まっているもの全体が不得意で、クロスステッチやビーズ編み
なども挫折・・・・・・。
どうしても、決まりに逆らいたくなるんです。

革は、自分で法則をつくって、自分ルールでつくっています。
誰にも教わらず、本も読まずにつくり始めたので、果たしてやり方が合って
いるのかどうか、未だにわかりません。

革はそれでいいのですが、編み物や織物が気になる今、この苦手さを克服
して新しいことに挑戦してみたいです。
2009.06.13 Saturday

プラスチックバックル



ひとめぼれした、プラスチック製のバックル。
模様は、少し彫られて凹凸になっています。
色もまた絶妙で、ちょっと高かったけど購入。

革のベルト、カメラストラップ・・・どう使うかを、思案中です。
2009.06.08 Monday

刺繍糸

革を縫うとき、ロウ引き糸という糸を使います。
蜜蠟でロウ引きされた糸は、滑りがよく、強くなります。

saji は、市販の刺繍糸をロウ引きして使っています。



DMC の4番の糸がお気に入りです。
色の種類も豊富で、艶とヨリが少なく、ロウ引きに向いています。

この糸で、花模様をステッチしたり、縫製したりしています。

これからもずっとお世話になる糸の紹介でした。
2009.06.03 Wednesday

VINTAGE BEADS 2



今日仕入れた、VINTAGEのガラスビーズ。
ビーズの素材は色々あるけれど、ついついガラスモノを買ってしまいます。
カルピスのパッケージのような模様は、手描きらしく不揃いでかわいい。
古いだけあって、模様が消えていたりするところも ◎
穴が大きくて、革紐がスルッと入る大きさです。
今、まだ思案中の新作に使う予定。
かわいく出来るといいな〜。
2009.05.29 Friday

サイコロbeads



先日、日暮里で見つけたサイコロ・ビーズ。
チェコのガラスビーズで、ちゃんと6面あります。

つくりは、ちょっといいかげんでそこもまた◎


今後つくる新作のアクセントに使う予定です!!
2009.05.27 Wednesday

ライカ専用



ライカタイプのカメラストラップに使うリングは、フォトメンテナンス・ヤスダ
いう、ライカカメラ修理専門店で購入しています。

以前、ネットから一度注文しましたが、たまたま日暮里に行ったらお店を
見つけたのでのぞいてみました。

せっかく訪ねたので、リングを追加で購入しました。

このリング、わざわざドイツに注文してつくっているそう。

従来の既製品ではカット面に引っかかりが出来てしまうので、これを無くす
為にカット面を加工した、カメラにとっても優しいリング。

という訳で、saji のカメラストラップは、ライカ専用アクセサリーを使用した、
カメラに優しいストラップです!!

これから継続してつくるつもりなので、在庫状況を伺ったところ、10000個
くらいあるそうです。一生分つくってもお釣りがきます・・・。

まとめ買いをしたら、1組おまけでいただきました。
ありがとうございます!!
2009.05.19 Tuesday

古いモノ◆ΑΑΓ張ン

先日、古道具屋さんで見つけた真鍮製の古いDカン ↓↓↓



薄っぺらく、大きさも絶妙で思わず買い占め!!

革をやっていると、金属パーツを使う機会があるのですが、いつもここで悩み
ます。パーツの感じで作品のイメージがガラッと変わってしまうからです。

自分で鍛冶仕事をやったり、職人さんに依頼したりする作家さんも居ます。そのぐらい、重要なポストなわけです。

saji が使う金属パーツは、「金古美」(アンティークゴールド)と呼ばれる
ものが多いです。一番、saji にピッタリくる感じがします。

今回買ったこのDカンは、元々ゴールドだったのに、自然に金古美になったようです。

これから、作品づくりにガシガシ使っていきます!!

お店の方に伺ったら、出所も時代も不明だとか・・・。
謎なDカンです。
2009.04.16 Thursday

VINTAGE BEADS

新作に使おうと、VINTAGEのガラスビーズを購入。



1940〜60年代に製造されたこのビーズ、形が不揃いだったり、どこか
いいかげんなつくりだったりして、気に入っている。
色も、現代ビーズとはやっぱり違うし、手づくりの saji ボタンにはこれだ!
と吟味して選びました。

素敵な新作が出来ますように★☆
Powered by
30days Album